友だちの前で空気を読む娘

中学3年生の娘は、つい先日までバスケ部で頑張っていました。中体連で敗退し、今では受験に向けて色々と悩んでいるようです。家の中ではのびのびと過ごしているので、家での娘と外での娘は違った面があります。バスケの試合前、皆が緊張して表情が強張っている時も突拍子もない事を言ったりして笑いを取り、場の空気を和ませていました。

去年の話しですが、中学2年生でチャレンジワークといって職場体験をします。どこの行きたいか決めるのですが、スーパーや商業施設、保育所、美容室が人気で抽選となる事も少なくないそうです。娘に何処へ行くのか聞いた所「老人ホーム」と言いました。てっきり、保育所か美容室とでも言うのだと思っていたので驚きです。

セノッピーを辛口評価!小学5年生の息子に食べさせた効果と口コミ!

行先を決める時に、希望が偏っていたそうで、先生が「老人ホームに行く人はいませんか?」と言われたそうです。誰も手を挙げなかったのですが、娘は1人手を挙げたと言っていました。「誰も行かないから」と話していたのですが、恐らく祖母が介護が必要な身で、それがきっかけではないかと思いました。

いつの間にか優しい一面も備わっている事に気づき、知らない所で成長するものだなぁとしみじみ感じ、とても嬉しく思います。