寝相を改善するのは、枕を変えてみるのも1つの案です。

気の休まる瞬間や無防備になっている間というのは、人に見られると恥ずかしい姿をしていることがありますね。

寝相は自分自身でコントロール出来るものでもないので、最初はしっかりとした格好で布団やベッドの中に入ったとしても、目が覚めてから衣服がはだけていることやベッドから落ちていることもあります。

起きている間は同じ姿勢が続かないように意識して変えられますが、寝ている間はそれが出来ないので適度に寝返りを打って、姿勢を変えるのは体にも良いことです。

しかし、寝相が激しい場合には体を充分に休めることが出来ず、疲労がとれずスッキリしません。http://www.speed-fp7.org/

寝相を改善する為の試みとして、枕を変えてみるというのはいかがでしょう。

自分の体に合った枕に変えることで頭の位置が落ち着き、寝返りを打つ回数を今までよりも抑えられるようになって、体を充分に休めることが出来ます。

枕が高すぎたり低すぎると頭を支えることができず、首に負担がかかって自律神経を刺激すると交感神経が優位に立って、体を休めることができません。

新しく枕を変えたばかりという場合でも、寝相が気になる時には思いきってもう一度変えてみるというのも必要なことだと思います。これからの健康と目が覚めた時の格好を良くする為にも、自分の体に合った枕を使って寝相を正していきましょう。