年齢とともに変わるお肌

お肌のピークと思えるのはやはり19歳、20歳ぐらいですね。

具体的な数字を何故出したのかと言うとここからは個人的な意見です。

そのころは大学にも通い、バイトもする、忙しない日々を送っていました。

お肌の手入れも最小限で風呂上がりに化粧水と乳液を塗って終わりです。ビハククリアは効果なし?購入して使った口コミ&ネットの評判を紹介!

私自身、面倒くさがりで学校へ行く時や出かける時もメイクはしませんでした。

そもそも、肌が弱すぎてメイクが出来ずスッピンで出歩いていました。

そんな手入れを施していないにも関わらず友人には「肌もちもちしてていいな」と言われ嬉しかったです。

ですが、大学も卒業し在宅ワークとなった今は体力も落ちお肌の調子も良くありません。

病気にかかって体重もかなり落ちてしまい、元に戻るまでかなり時間がかかりました。

ちょうどその頃、花粉の時期も近くて免疫力がついてない状態で出かけた日もありました。

家に帰って顔を洗い、触ったら皮膚がザラザラになって荒れていました。

今までの気持ちいい感触はなく小さなヤスリみたいな感じのが?のあちこちにあるようでした。

それから、2ヶ月以上経ってケアしてもあまり良くならず皮膚がこれ以上荒れないよう努力しました。

でも、皮膚のケアも大事ですが最も大事なのは体力を落とさない事、体調面は崩したとしてもしっかり治せばお肌にもその成果は現れると思います。